ナチュラ1 ONLINE STORE
電話番号 0949-29-3939
FAX番号 0949-29-3938
yahoo!ショッピングはこちら

『ナチュラ1』使用方法

お米
  1. 種モミを100倍に稀釈したナチュラ1に24時間くらい浸しておく。
  2. 育苗箱に種モミを入れて土を覆せ、土がしめる程度にジョロで1000倍稀釈のナチュラ1をまく。
  3. 定植前にに1000倍稀釈のナチュラ1を葉面散布。
  4. 田植えの7-10日前に10a当たり0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して田に散布。
  5. 花芽形成期に10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を水中散布。
  6. 消毒時、1000倍稀釈のナチュラ1を農薬と混ぜて散布してもよい。
ポテト
  1. 種イモを100倍稀釈のナチュラ1液に1-3時間ぐらい浸しておく。
  2. 種イモを畑に植えた後、土の上から10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍稀釈して散布。
  3. 2~3回、10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍稀釈して散布。
イチゴ
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍稀釈して、1週間に1~2回灌水。
  2. 1000倍稀釈のナチュラ1を7-10日毎に葉面散布。(糖度24.5度のイチゴをつくる農家の使用例)
みかん
  1. 年に1~2回、10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して灌水。
  2. 葉面散布:5月~8月末までは、月に1~2回1000倍稀釈のナチュラ1に農薬を混ぜて散布
  3. 葉面散布:9月~12月は1000倍稀釈のナチュラ1を1週間に1回集中散布(味を乗せるため)(糖度17度のみかんをつくる農家の使用例)
スイカ・キュウリ・メロン
  1. 根基に1000倍稀釈のナチュラ1を灌水。
  2. 1ヶ月後に1000倍稀釈のナチュラ1を灌水。
  3. 農薬散布時、1000倍稀釈のナチュラ1にまぜて葉面散布。
トマト・ピーマン
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍稀釈で月に1~2回灌水。
  2. 1~2週間隔で1000倍稀釈のナチュラ1を4-7回葉面散布。
葉菜類
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1の1000倍稀釈液を播種定植後から収穫直前までの間に3-4回葉面散布。
大根
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1の1000倍稀釈液を根茎肥大期に2回葉面散布。
ぶとう
  1. 年に1~2回、10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して灌水。
  2. 開花前から肥大期に1000倍稀釈のナチュラ1を3~4回葉面散布。
お茶
  1. 年に1~2回、10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して灌水。
  2. 摘採前・摘採後(1,2,3茶)、1000倍稀釈のナチュラ1を4~6回葉面散布。
花卉
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して灌水。
  2. 定植後から開花前まで、1000倍稀釈のナチュラ1を3~4回葉面散布。
マメ類
  1. 本葉4葉から開花前後まで、10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍稀釈で、3~6回葉面散布。
梨・柿
  1. 年に1~2回、10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して灌水。
  2. 展葉期・肥大期・収穫後に、1000倍稀釈のナチュラ1を5~8回葉面散布。
芝生
  1. 刈り込みの前後、10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して3~4回散布。
玉ねぎ
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して月に3回ぐらい灌水。
ナス
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して7~10日間隔で通年灌水。
  2. 月に1~2回ナチュラ1の1000倍稀釈液に農薬を混ぜて葉面散布。
    (定植する2ヶ月前に元肥として米ぬかを10a当り800kgのみ使用し、リンゴのような触感と糖度5度のナスをつくり、肥料代の大幅な減少と、作業量の減少によって人件費を削減した農家の使用例)
サツマイモ
  1. 10a当り0.5-2リットルのナチュラ1を1000倍に稀釈して数回灌水。
    (生のイモの糖度が11度あった農家の使用例)